事故 すること

事故に遭った時にすること

自動車 事故 すること

 

突然の交通事故、普段は冷静な人でも場所がわからなかったり、電話がかけられなくなったりとかなりパニック状態になります。
冷静なうちに「事故の時にやるべきこと」を把握しておくといいですね。

 

@怪我をしている人がいたらまず救急車を呼び、応急救護措置を取りましょう。
近くに人がいる場合は大きな声で呼んで協力してもらってください。
このとき二次災害を避けるため路肩に寄せたり、三角板や発煙筒などを利用して救護者の安全を確保してください。

 

A次に警察に連絡します。
たとえ小さな事故でも「事故証明書」がないと保険金が出ないことがありますので、必ず警察を呼んでください。

 

B事故相手の氏名・生年月日・住所・電話番号・ナンバープレートなどを確認して、連絡先を聞いておきましょう。
この時相手が加入している保険会社がわかるなら、証券番号を確認してください。

 

C保険会社に連絡します。相手が興奮状態なら、保険会社の人に間に入ってもらうなどしたほうが安心ですね。
最近はボタンを押せば保険会社につながるシステムを持つ自動車保険もありますね。

 

自分が怪我をして救急車で運ばれる場合もありますし、この通りいかないことも多いです。しかし、どこに連絡すべきか知っておくと安心です。

 

事故の直後は「大丈夫」と言っていた相手でも日が経つと体に痛みが出ることがありますから、その場で口約束をしないで事故の対応は保険会社にお任せしましょう。