対物賠償

対物賠償とは

対物賠償

 

対物賠償とは、任意保険に契約している車で他人の車や家の壁、電柱やカードレールなどを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償するものです。

 

保険を契約した時に設定した保険金額が上限となりますから、対物賠償は「無制限」にするのがススメです。
なぜ無制限がおすすめなのでしょう?

 

もし電柱やガードレールを破壊してしまった場合の修理費用は、工事費用も必要なので非常に高額となります。
自分の貯金だけでカードレールの料金と工事費を払える人はそういません。

 

自分の将来のためにも無制限で契約することをオススメします。

 

・電柱の修理費用:30〜50万円、電線などの断線があると100万円以上
・ガードレールの修理費用:1枚5〜10万円
・信号機の修理費用:100万円以上

 

※これらは目安です。事故の状況によりますし、修理費用は言い値となるので高額となっても仕方がありません。

 

対物賠償は「他人の物」が補償対象なので、自分の家の壁を壊した場合には対物賠償は使用できません。
当たり前ですが、自分の家の修理費用を捻出するためにわざと車を当てても、保険金は出ないようになっています。