軽トラ 自動車保険

軽トラの自動車保険を安くする方法はこれ

軽トラックの自動車保険を安くする方法

軽トラ 自動車保険

軽トラック 自動車の保険

軽トラ 任意保険

軽トラ 自動車保険

 

 

1年契約の自動車保険、毎回毎回、どこの自動車保険が安いのか調べるのは面倒です。
自動車保険の仕組みは複雑で分かりにくいですし。
ただ、補償の内容は手厚いほうがいいけど、保険料は安いほうがいいと思いませんか?

 

まずは自動車保険一括見積もりサイトから、自分の保険料がいくらになるのか見積もりを取ってみませんか?

 

もちろん、軽トラックの一括見積もりも可能です。

 

 

 

 

補償内容が同じなら、保険料が安いほうが嬉しいですよね。
複数の自動車保険会社からの見積もりを比べることで、保険料が1番安いところが一目瞭然です。
安さを重視するもよし、やはり信頼のおける大手にするもよし、ロードサービスなども考慮して選ぶもよし。

軽トラック 自動車保険

あなたが自動車保険を選ぶ時に役に立ちます。
是非ご活用ください!

 

 

 

 

 

軽トラックの自動車保険の相場は?

 

軽トラックは一般用でも事業用でも物を運ぶ要素が強いため、普通の自動車よりも保険料が高めです。

 

農家の人が野菜を運ぶために使うという場合でも、山道を走る危険、小石がガラスを割る危険、複数の人が運転する可能性などを考慮されています。

 

年間保険料が20万円を超える人もいて、見積もりをみて驚くそうです。
今は、ネット保険も十分充実してきました。
ネット保険なら半分以下に抑えることもできます。

 

毎年加入する保険はもしものためのお守りでもあります。
保険料が家計を圧迫するようでは本末転倒です。

 

まずは同じ補償内容で一括見積もりしてみましょう。

 

 

自動車任意保険の補償

 

自動車任意保険 賠償

 

自動車任意保険には、どのような補償内容があるのでしょうか?
大きく分けると4種類の補償があります。
それが@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険の4つです。

 

細かく見てみましょう。

 

@対人賠償:契約している車両で他人を怪我・傷害・死亡させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に、相手の治療費や慰謝料などを補償するものです。契約時に設定した保険金額が上限となります。 

 

A対物賠償:契約している車両で車や壁、電柱など他人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。こちらも契約時に設定した保険金額が上限です。 

 

B人身傷害:契約した車両に乗車中の自分と同乗者が事故で怪我・傷害・死亡した時、過失割合に関係なく実際の損害額に対して保険金が支払われます。 

 

C車両保険:契約した車両が事故で破損した場合や、イタズラをされた時に修理費などを補償します。
契約時に設定した保険金額が上限です。
車両保険には、補償範囲の広い「一般型」と限定された「エコノミー型」があり、保険料が異なります。

 

この他に上乗せや特約などを付加して、自分のピッタリの任意保険にカスタマイズしていきます。
ですから自動車任意保険は、一人一人内容が異なるので、「30歳、年間保険料5万円」などという定額表示ができないのです。

 

 

任意保険の補償の設定

 

任意保険 保険料

 

この@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険の補償額の設定金額によって月々の保険料が変わります。
オススメは以下の通りです。

 

@対人賠償は無制限 
A対物賠償は無制限
B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて
C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
もし事故の相手を死傷させた場合は損害賠償が億単位になることもありますから、無制限で契約しておきましょう。

 

A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
事故相手の車やカードレール・信号機などの修理費は高額になりますから、無制限で契約しておきましょう。

 

B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。
実際にかかった損害額に対して支払われる人身傷害、最低限でもいいのでつけておきましょう。 
最近は無保険で車を運転している人も多いので、自分で備えておきましょう。

 

C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。
車両保険をつけると保険料がかなり上がるので、必要に応じて加入しましょう。
例えばローンが残っている車、これは加入しておくと安心です。
補償の幅の広い「一般型」がおすすめですが、補償範囲が限定された「エコノミー型」なら保険料が抑えられます。

 

 

自動車保険の特約

 

任意保険 特約

 

自動車保険は、4つの基本的な補償のほかに特約をつけることでもっと手厚い補償にすることができます。
次のような特約があります。

 

<弁護士特約>
例えば自分の車が停まっていたところに別の車が突っ込んできた場合、こちらに責任の無い事故をもらい事故と言います。
この場合は弁護士法上、あなたの加入している自動車保険は示談交渉をすることが出来ません。

 

もらい事故の場合、事故の加害者との交渉は自分で行うか自分で雇った弁護士に委任するしかないのです。
この場合の弁護士費用を補償するのが、弁護士特約です。

 

知り合いに弁護士がいる人はともかく、そうでないならこの特約をつけておいた方が安心です。
加害者側には保険のプロが交渉にあたるわけですから、自分に不利な条件で納得させられてしまうかもしれません。
弁護士が入ってくれるのは心強いですよ。

 

弁護士特約は記名被保険者やその家族が補償の対象となります。
また、自動車以外の日常の事故で弁護士に相談したいときに適用できるものもあります。

 

 

<個人賠償特約>
自動車事故以外の偶然の事故で他人に怪我をさせたり、他人の物を壊した場合で法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。
例えば自分が自転車に乗っていた時に人に怪我をさせてしまった場合など。

 

記名被保険者やその家族等が補償の対象で、相手方との示談交渉もしてくれる特約です。
自動車保険とは別で加入している保険がある人は不必要ですが、それ以外の方はあると安心です。

 

<ファミリーバイク特約>
原付バイクの事故で被保険者が死傷された場合や、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償するものです。
借りた原付バイクを使用していた場合の事故も補償対象で、記名被保険者とその家族を補償します。

 

バイクの保険は自賠責しか入っていない人も多いですが、これは事故の被害者しか救済されません。
バイクに乗るなら入っておいたほうが良い保険です。

 

「自損傷害型」 と「人身傷害型」の2種類から選べ、「人身傷害型」は人身傷害保険をつけた場合にのみ選ぶことができます。

 

このようにいろいろな特約があるので、自分の加入する保険会社にも確認してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽トラの自動車保険、60歳以上の自動車保険を選ぶ方法

車の使用目的

 

日本において車は欠かせない時代になりましたね。
買い物に行くにも、病院に行くにも車がないと不便なため、60歳以上のドライバーも増えています。

 

また仕事で軽トラックを使う高齢者もまだまだいらっしゃいます。
農家ですと後継ぎ問題もあって、高齢者ドライバーが減らないのは仕方ないかもしれません。

 

車を運転するからには、自動車保険にはしっかり加入して万が一の事故にも備えておきたいものですね。
最近は高齢者ドライバーによる事故が増えており、その中で自動車保険加入のあり方も考えなければなりません。
60代になると自動車保険の保険料もきっとアップして驚かれると思います。

 

運転歴40年で一度も事故を起こしたこともないのに保険料がアップするなんておかしいと思われるドライバーもいらっしゃると思います。
しかし運転の技術とは裏腹に、加齢による視力や筋力の衰え、判断力の衰えも考えなければなりません。

 

高齢者ドライバーほど運転に自信があると答えるそうですが、過信しては危険ですね。

 

自動車保険には店舗型と通販型があります。
店舗型は何かあった場合にそこに連絡して担当者にお任せすればいいという安心感がありますが保険料は通販型より高いという点もあります。
通販型は中央管理で各地に店舗をもたない代わりに保険料が安くなるという点があります。
安心感か格安感かを選ぶのは人それぞれですが、まずは通販型の自動車保険の保険料がだいたいどのくらいなのかを一括見積もりで確認しておきましょう。

 

店舗型に決めるにしても、保険料にどのくらいの差があるか知っておきましょう。
いろいろな保険会社を比較して決めるといいですね。